婚約指輪の普段の扱い

結婚をする時に贈る重要なものと言えば、いろいろありますが、やはり婚約指輪もその一つではないでしょうか?ですが婚約指輪というのは、たしかに結婚してくださいという意思を伝える際には、なくてはならないものであり、重要な存在であることには間違いありませんが、婚約指輪を贈った後には実は結婚指輪もそれぞれ交換します。

ということは結婚指輪は普段もずっと身につけていられるものをすることが多いので、婚約指輪というのは、どちらかと言えば派手目になるので登場する機会が減ってしまうのではないでしょうか。

たしかに婚約指輪というのは、結婚指輪と比較すると、どうしても派手目になります。

ですが最近のカップルというのは、この婚約指輪の派手さを活かして、ちょっと華やかなシーンで身につけたりとか結婚指輪と婚約指輪の重ねづけを楽しんだりしている方も、かなり増えてきているようです。

ただし普段から婚約指輪を身につけるとなると、長い目で見ると、いつ指のサイズが変わってしまったりするかはわかりません。

そのため婚約指輪を用意する際には、アフターフォローがしっかりしており、婚約指輪のサイズ直しとか修復といった事にも臨機応変に対応してくれるようなジュエリーショップなどを選ぶようにしましょう。

またサイズ直しとか修復といったことは、生涯にわたってみてくれるお店もあれば、期間を区切っているお店もあるので、きちんとその辺りも確認をしておきましょう。



Comments are Closed