いつ贈ればいいの?

結婚をすると決めたら、まず最初にしなければいけないことと言うのは、まず結婚をしてくださいという意思を伝えなければいけません。

そして、その結婚をしてくださいという意思を伝えるための、強いパートナーとも呼べる存在というのが、また花を添えてくれるのが婚約指輪なのです。

では婚約指輪というのは、結婚をしてくださいという意思表示をする際には、絶対に用意しておかないといけないのかというと、必ずしもそういうわけではなくて結婚をしてくださいと伝える時でももちろんいいですが、それ以外にも結婚をするという事を正式に決めた後の、結納までに婚約指輪を用意したのでも十分かまいません。

また結納をするという事を決めたら、せめて両家が正式にそろう前までには、婚約指輪を用意しておいた方がいいかもしれません。

ですが結婚をしてくださいという意思を伝える際までにとか、結納までに婚約指輪を用意した方がいいというのは、なんとなくわかっていたとしても、例えば婚約指輪をオーダーメイドで準備しようとした場合に、どうしても日にちが間に合わない場合もあるかもしれません。

そういった場合には、指輪がないないとあきらめるのではなく、臨機応変に対応したのでもいいのではないでしょうか。

もちろん結婚の意思を伝えるためには、指輪がありませんというのは興ざめしてしまう可能性もあるので、指輪を用意しておくという事は、もちろん重要な事であることというのは間違いありません。



Comments are Closed