ピンクコンパニオンとはどういう存在なんでしょうか。

一言で表現すればお色気遊びコミコミの酌婦のことです。

エッチはあっても性的サービスはゴハットが大半です。

■温泉地の宴会に昔からあった酌婦がルーツ。

ピンクコンパニオンはもともと地方の温泉地などに社員旅行に行ったとき、「男性ばっかりの宴会ではつまらない」というニーズがあって誕生したものです。

昔は酌婦などといって、キレイな身なりをした女性が客席のあいだに入って、酌をして回ったものです。

起源・ルーツとしてはそれが最初。

宴会客には女性もいましたが、ピンクコンパニオンのように“エッチコミコミ”ではなく、とても和やかな雰囲気でした。

■話せる相手は30才代のピンクコンパニオン。

昔の酌婦が姿を変えてピンクコンパニオンになってからは、ピンクコンパニオンを名乗る女の子たちの年齢層もグッと若くなり、20才代前半がメイン、20才代の終わり頃になるとシニア扱いのような風潮が生まれています。

けれども話芸に長けていて、社会のいろいろな事情にも通じているのは30才代半ばからの女性。

会社の愚痴や業界の裏話などにも聞き入ってもらえて、ストレス解消になります。

また、宴会の達人の口コミページでは20代後半~のコンパニオンは盛り上げ上手という評価もたくさん見受けられました。

お色気や若さも大事ですが砕けた宴会をしたい場合はベテランのコンパニオンを希望するのもオススメです。

■ピンクコンパニオンはエッチコミコミでもあるけれど、そういう性風俗的なサービスではなく宴会を盛り上げてくれるのが仕事。

ピンクコンパニオンは温泉の宴会場などで、その場を盛り上げてくれたり和ませてくれたりするのが本業です。

何も知らない初心者の方は、いきなりエッチを強要したりしますが、性風俗のサービスとは一線を画した職業なのでご注意ください。